イエローベースの人は黄みを含んだ色が得意

洋服の色選びに役立つパーソナルカラー。自分のパーソナルカラーを知っていれば、顔色がよくなったり、肌トラブルが目立たなくなったりするため、自身をより魅力的に見せることができます。

「イエローベース」というと、黄色い肌の人のことだと思ってはいませんか?実は「イエローベース」というのは、黄みを含んだ色が得意な人という意味。肌の色は関係なく、ピンク色の肌の「イエローベース」の人もいます。

また、黄みを含んだ色が得意というと「暖色しか似合わない」と思われがちですが、寒色全てが苦手なわけではありません。「イエローベース」の人が得意な黄みが入った色なら、青などの寒色でも素敵に着こなすことができます。

反対にオレンジや黄色のような暖色でも、青みが混ざった色は少し苦手になります。暖色には黄みが含まれているので、まったく似合わないわけではありませんが、できるだけ青みが少ない色を選ぶとより良いでしょう。

似合う色は顔周りに取り入れる

自分のパーソナルカラーを知ると、全身に似合う色を取り入れようと考えがちです。また、「イエローベースだから、青みの強い服は着られない…」という風に考えてしまう人も多いことでしょう。しかし、パーソナルカラーは顔の印象に影響を与えるもの。顔周りにだけ取り入れれば、他は好きな色でかまいません。

「イエローベース」の人は、トップス・アウター・帽子・ストールなどに黄みを含んだ色を取り入れてみましょう。顔周りに苦手な色があるときよりも、グッと素敵に見えるはずです。苦手な色を使いたい場合は顔から離れた位置にある、ボトムス・鞄・靴などに取り入れるのがおすすめ。苦手な色だからと諦めず、パーソナルカラーの取り入れ方をしっかり理解して楽しく活用してみてください。